鍋料理の食べ方マナー

鍋料理の食べ方マナー

居酒屋で食べる冬の料理といえば鍋です。
鍋はいろいろな具材が入っていて栄養満点でしかもヘルシーですし、
体を温めてくれるので幅広い世代に人気にある料理です。
 

 

みんなで気持ちよく鍋を食べるためにも
食べ方に関するマナーをしっかりと覚えておくことをおすすめします。

 

まず鍋の具材をとるときの注意点です。
鍋の具材をとるときは自分の使っているお箸ではなく、
菜箸やお玉を使ってとるのがマナーです。

 

逆さにすればいいだろうと逆さ箸で具材を摂る方がいますが、
逆さにしていた部分には自分の手垢がついていますのでこれもまた不衛生です。

 

鍋料理の時はお玉や菜箸が必ずセットでつけられていると思いますので、
それを使って取り分けるのが衛生的です。

 

鍋料理を盛り分けるときはお玉で取り分けることも多く、
一度にいろいろな具材が自分の器に入ります。

 

自分の器に入れてから
自分の苦手な食材が入っていることに気が付く方も少なくありません。
中にはそれを食べたくないので、鍋に戻してしまう方もいます。
しかしそれも絶対にやってはいけない行為です。
戻された具材は他の人が食べるのですから、決していい気分はしないはずです。

 

また好みの具材を探すために鍋の中をお玉を使ってかきまわすのもよくありません。
鍋の具材には豆腐のように柔らかくて崩れやすい具材もあり、
せっかくの鍋料理をぐちゃぐちゃにしてしまうかもしれないのです。

 

偏った具材ばかりとるのもみっともないです。
大好きな具材があったときは、ついそれを多く摂って食べてしまいますが
自分一人の鍋ではありませんので、そういったことは辞めましょう。