お酒が飲めない場合は

お酒が飲めない場合は

営業マンは特に仕事柄、接待をする機会が多いと思います。
 
しかし営業マンだからといって、
全員が全員、お酒が得意なわけではありませんよね。
ではお酒が飲めない、
下戸な営業マンはどうすればいいのでしょうか?

 

例えば最近は若者の酒離れや、
仕事よりもプライベートを重視する傾向が高く、
会社の飲み会には参加しない人が増えたと話題になります。

 

そのためお酒を使った接待などの営業の重要性は、
薄れてきたと思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、まだまだお酒による接待を重要視している業界は、少なくありません。
銀行、自動車、鉄鋼などの業界で、
営業で働こうと思っている場合は、
お酒が飲める事が鉄則だと考えた方がいいでしょう。

 

お酒が飲める飲めないは体質的な問題で、仕事の能力に関係ない。
お酒が飲めない相手に、仕事とはいえ、お酒を強要してはいけない。
そう思われるかもしれません。
しかし古い体質が残っている企業であれば、
お酒が飲めない人は仕事をやる気がないと判断されてしまうかもしれません。

 

お酒を飲んで、酔っ払い、
素の自分を見せる事で信頼関係を築いていく、
そんな考えが根強いのです。

 

もちろん、お酒を強要する接待なんて
無意味だと考える企業も増えてきてはいます。

 

ですが、まだまだ接待でお酒を飲んで、
親しくならなければ仕事を契約する事が出来ない企業も少なくありません。

 

お酒が飲めない事は、営業成績に直結すると言っても過言ではありません。
ですから、お酒が飲めない体質の人は、
職業を選ぶ際に、接待が必要ない企業、
接待が必要ない部署や職種を選ぶ事をお勧めします。