おもてなしの精神で居酒屋を選ぶ

おもてなしの精神で居酒屋を選ぶ

接待や会食で居酒屋を利用する場合、
普段の飲み会よりも気を遣ってお店選びをしなければいけません。

 

雰囲気のいいお店である事、
静かで落ち着いて商談をする事が出来る事、
料理が美味しい事など、いろいろ選ぶ条件はあります。
神戸の凛花のように個室が充実していることも大事な要素です。

 

しかしながら、お店選びで1番重要なポイントは、
自己満足にならずにおもてなしをするという気持ちです。

 

自分がいいと思う居酒屋を選んでも、
必ずしも相手もいいと思ってくれるとは限りません。

 

例えば、産地直送に拘った新鮮なお刺身と、
お刺身に合う日本酒が人気の居酒屋を選んだとしましょう。
日本人=みんなお刺身は好きだろうと考えた訳です。

 

しかし意外と生の魚は苦手だ、という人は少なくありません。
また日本酒も翌日にお酒が残ってしまうからと、
苦手な人も少なくありません。

 

相手がお刺身と日本酒が苦手な人であったのなら、
完全にお店選びを間違ったと言えるでしょう。

 

接待や会食をする場合、
相手側の好き嫌いに関してはさりげなくリサーチし、
お店を選ぶ事が鉄則だと言えるでしょう。

 

もちろん、直接本人に、好き嫌いがあるか聞くのは無粋です。
相手側の秘書や、営業担当者の知り合いなど、
相手側の企業との人間関係を築けているかが
重要なポイントとなってきます。

 

高級志向でお金をかけたから、相手は満足してくれるだろう。
ネットの人気ランキングで、1位の居酒屋を選んだから大丈夫だろう。

 

そんなふうに思っていてはいけません。
どんなお店を選んだら、相手が喜んでくれるのか?を考えて
お店選びをするようにしましょう。

 

そこまで極端ではないにしろ、
接待や会食のお店選びが、
商談の結果を左右するという可能性はゼロではありません。

 

それは単純に、好きではない料理を出されたからという理由ではなく、
相手側の仕事相手に向き合う姿勢が問われるからです。