高級料亭での接待と顔合わせ

高級料亭での接待と顔合わせ

風情のある庭園が見えるような日本建築のお座敷の中で新郎新婦と両者の両親が初めての顔合わせや結納を行います。
最近はこのような顔合わせや結納は省略する傾向が強いのですが、一部のお金持ちや名家の方々の間では現在でも行われています。

 

 

 

このような有名な料亭では昔から財界人が政界や高級官僚と懇親を深めるために接待をしたり、企業同士のトップや役員たちが新たな取引を開始する前などにお互いに顔見知りになって信頼を深めるために接待を行います。
銘木を使って建築された和室には著名な画家の絵画や名工による置物などが配されていてスキのない高級感にあふれています。

 

http://umeda-kuranosuke.com/

 

畳の上に置かれた座卓に座って接待者のお互いの挨拶や仕事に関する重要な話は、人払いをしてポイントだけを手短に話しますが、直ぐに仲居さんを呼んで懇親会に入ります。
平成不況になってからは、このような超がつく高級料亭でも高額予算で使用してくれる企業が少なくなっているために、昼間の時間を利用して一般の人達にも少々背伸びをすれば利用しやすい金額で昼間の懐石料理や点心と呼ばれる懐石弁当等を提供してくれます。

 

 

 

最近は企業の接待も予算を減らすために、どうしても高額になる夜の接待から比較的安価に接待できる昼間の接待に切り替えている企業もあります。
企業の躍進やトップの方々は多忙な毎日ですから夜の接待で酒を注がれるのは翌日の仕事にも影響が出ますので、本心から言えば入間の接待で短時間で軽くビール程度で終わらせられる方が助かります。
また、最近のカップルの結納や両親の顔合わせも夜よりも日中に行うことが増えております。