接待のお店を決定する前に確認したい事:下見編

接待のお店を決定する前に確認したい事:下見編

居酒屋で接待をする際に最初に考える事項として、「接待する相手」が自分とどういう関係であるかを考えることから始まります。例えばその相手が会社の上司なのか、気の知れた同僚なのか、後輩なのか、取引先の人なのかということです。その相手によって接待する居酒屋の種類も異なってきます。

 

 

 

しかし、人によっては「相手によって接待する居酒屋を変えるのは、おかしい。」と考える人もいることでしょう。けれど、上司、取引先を接待する場合は相手方の好みを考慮したり、相手に不快な思いをさせないようにしなくてはなりません。

 

こちらの有楽町 居酒屋は友達にも好評です。

 

一方、同僚、後輩、女性との場合は誰もが少しでも楽しく居酒屋で過ごしたいものです。しかし、この場合も「場の雰囲気の楽しさ」や「相手との会話」や「ただ安く飲みたい」などといった理由に基づいて場所を決定する必要があります。

 

 

 

そして、ある程度相手のことを分析終了したならば、いよいよ居酒屋を選ばれなくてはなりません。昨今、インターネット環境が充実し情報が溢れている中で、適応した場所を見つけるのは容易なものではありません。

 

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27003625/

 

しかし、このネット情報化の現代でも、「百聞は一見に如かず」が最高の言葉です。ネットや書籍上の他人から書き込まれた情報も、自分の目で直接確かめる「下見」には勝てません。それでは、下見では何をすればよいのでしょうか。

 

浅草 個室

 

ただ、見に行くだけではダメです。実施項目としては、店の立地の確認、店の雰囲気、サービス内容、食事の良否、品数、清潔度を確認する必要があります。この下見に注いだ力量分だけ相手側からの好評価に繋がることは間違いありません。